代表・弁護士 森田 茂夫(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和29年 4月 東京都生まれ
昭和55年 3月 早稲田大学法学部卒業
昭和59年 4月 弁護士登録

■役職
さいたま地方法務局筆界調査委員
大宮簡易裁判所調停委員

■著書、論文
「誰にも分かる借地借家の手引き」(共著、新日本法規出版)、「決定版原状回復・その考え方とトラブル対処法」(著者、にじゅういち出版)、「一般定期借地権実用契約書式集」(著者代表、資産総合研究所)、「マンションの専有部分の競売請求」(月間不動産フォーラム21・2009年6月号)、「立退料の算定方法と授受をめぐる法務と税務」(税理第52号第7号)、その他

■不動産分野に関して一言
不動産会社、建築会社、マンション管理会社、賃貸保証会社、また、埼玉県内のオーナー様の団体などからご依頼を受け、数多くの不動産のトラブル解決、あるいは、契約書チェックなどの紛争予防に取り組んできました。不動産案件を多く扱うようになったのは、平成3年に、大宮で事務所を開設して以来ですから、もう20年以上になります。
不動産といっても、売買、借地借家、仲介、マンション、建築など多種多様ですが、ほとんどすべての分野に対応できると思っています。
不動産案件でお困りの方はぜひご相談ください。親切で分かりやすい対応をモットーにしています。


弁護士 榎本 誉(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和37年11月 埼玉県生まれ
昭和60年 3月 法政大学法学部卒業
平成12年 4月 弁護士登録






■不動産分野に関して一言
不動産に関する法律問題は、多くは、土地・建物の賃貸借にまつわるトラブルが多く、埼玉県内の不動産会社、建築会社、賃料保証会社、土地・建物のオーナーからの法律相談、契約書の確認、紛争になった後の、交渉・調停・訴訟の代理人となり、ご依頼を受けています。
不動産に係る法律問題は、遺産分割事件や離婚関係事件、破産申立て・破産管財事件においても避けることができない問題です。私は、これまでに多くの場面で経験を積んできました。
また、賃貸不動産の明渡請求事件の処理については、迅速な対応を心掛けております。
遠方の事件についても出張をいといませんので、ご相談ください。


弁護士 田中 智美(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和54年 8月 福島県生まれ
平成14年 3月 早稲田大学第一文学部卒業
平成20年10月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会示談あっせんセンター運営委員会委員

■不動産分野に関して一言
ひとくちに不動産分野と言っても、土地建物の売買、賃貸、競売申立等、様々な類型があります。家賃滞納を続ける賃借人に対して物件の明け渡しを求める裁判を起こし、それでも立ち退かない場合には明け渡しの強制執行を行うということも多数あります。私自身は物件のオーナー様から依頼を受けるケースが多いですが、立場の別なく、気軽にご相談にお越しいただければと思います。


弁護士 野田 泰彦(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成16年 3月 大阪大学法学部卒業
平成20年 3月 九州大学法科大学院卒業
平成21年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
企画広報委員会委員
国際交流委員会委員
犯罪被害者支援委員会委員 他

■著書
仮処分を活用した反社会的勢力対応の実務と書式―不当要求行為への実践対策(共著)

■資格
宅地建物取引主任者試験合格

■不動産分野に関して一言
建物明渡請求訴訟・建物明渡強制執行といった分野については、年間で20件近くの事件を扱っております。また、土地境界に関する紛争や、不法占拠者に対する明渡請求、賃料に関する紛争なども、取り扱いの経験がございます。借地借家法などの法律は、不動産の権利者、特にオーナー様にとっては、不利な構造になっております。しかし、当職及び当事務所は、取扱件数の豊富さに基づく経験と弁護士法人という組織での対応が可能ですので、オーナー様の権利・利益が最大限となるように、不動産分野での紛争解決のお手伝いをさせて頂いております。お気軽にご相談にお越しください。


弁護士 相川 一ゑ(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和58年 9月 埼玉県生まれ
平成18年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成20年 3月 学習院大学法科大学院既習コース卒業
平成21年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会子どもの権利委員会委員
埼玉弁護士会両性の平等委員会委員
児童自立支援施設埼玉学園苦情解決第三者委員

■不動産分野に関して一言
不動産に関する問題と一口にいっても、その内容は不動産取引・借地借家・区分所有(マンション)など、様々な分野にわたっています。
多くの方は借地・借家・持ち家など、何らかの形で不動産と関わる契約を結んでいらっしゃることでしょう。しかし、不動産は身近なものであると同時に、多くの法令が定められ、事実関係も複雑になりがちで、その中から不幸にして紛争が生じてしまうこともございます。当事務所は複数の不動産会社が顧問会社になっていることもあり、不動産関係については相当数の事件を扱っております。不動産についてのお悩みについても、是非一度お気軽にご相談下さい。


弁護士 眞中 忠治(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和54年 6月 茨城県生まれ
平成10年 3月 中央大学法学部卒業
平成22年 3月 関東学院大学法科大学院卒業
平成23年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員



■不動産分野に関して一言
不動産に関して,主として賃貸,売買に関するご相談を受けることが多いです。不動産に関する争いは生活に直結しており,また,不動産の価値が大きかったりすることが多いので,弁護士等の専門家を交えて進めなければ解決できない場合も多いのではないかと思います。ご相談いただいた際には,進め方や見通しについて,出来る限り分かりやすくご説明できるよう心掛けておりますので,不動産に関してお困りの際には一度ご気軽にご相談ください。


弁護士 申 景秀(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成20年 3月 東洋大学法学部卒業
平成23年 3月 独協大学法科大学院卒業
平成24年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会司法問題対策委員会副委員長
埼玉弁護士会国際交流委員会委員
埼玉弁護士会人権委員会委員



■不動産分野に関して一言
不動産分野は、身近に起こりうる問題である半面、問題の解決方法がわかり難い分野でもあります。当事務所では、不動産分野のあらゆるトラブルに対処できるように、日々研鑽を積んでおります。不動産の明渡し、不動産購入トラブル、借地権問題、マンション問題など、不動産に関してお困りの際は、是非ご相談にいらしてください。


弁護士 吉田 竜二(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成21年 3月 中央大学法学部卒業
平成24年 3月 明治大学法科大学院卒業
平成26年 3月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員
埼玉弁護士会貧困問題対策本部委員
高齢者・障害者権利擁護センター所属

■不動産分野に関して一言
人間が生活をしていく以上、住環境の整備や商売上の店舗の確保等、多様な場面で不動産とは関わっていかざるを得ません。売買なのか賃貸借なのか、関与の形態はそれぞれであるとは思いますが、不動産との関わり合いが存在する以上、少なからずトラブルというものが付いて回ることになります。 弁護士は、近隣トラブルから、不動産売買・賃貸借、建築上のトラブルなど幅広い分野に対応することが可能ですので、不動産にまつわる心配事を抱えている場合には、是非、一度ご相談いただければと思います。


弁護士 村本 拓哉(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成23年 3月 中央大学法学部卒業
平成25年 3月 首都大学東京法科大学院卒業
平成26年12月 弁護士登録

■役職
子どもの権利委員会
弁護士業務妨害対策委員会
犯罪被害者支援委員




■不動産分野に関して一言
不動産の法律問題は、取得時の瑕疵や権利関係の問題や、取得後の維持管理・収益確保の問題など、実に様々です。そして、いずれの問題もオーナー様の経済活動に大きく影響するものでありながら、複雑で分かりにくいことが多いです。そのため、不動産問題でお悩みの場合は、不動産問題を多数扱う当事務所にご相談して頂ければと思います。お客様のお悩みを解決できるよう、誠実に対応させて頂きます。


弁護士 小野塚 直毅(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成23年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成25年 3月 上智大学法科大学院修了
平成27年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会 企画広報委員会 委員
埼玉弁護士会 マスコミ対応PT 座長
埼玉弁護士会 広報PT 部員
埼玉弁護士会 民事介入暴力対策委員会 委員

■資格
裁判所職員(家庭裁判所調査官補)採用試験合格
行政書士試験合格

■不動産分野に関して一言
不動産は一般に、人々の生活拠点や経済基盤である場合も多く、法的トラブルによりその方の生活を大きく左右することも珍しくありません。そのような悩みはご本人にとって大変辛いものであると思います。ご本人の立場で一緒に考え、その方の人生を少しでも良い方向へ持っていけるよう助力することこそ、弁護士の責務だと考えております。

精一杯取り組ませていただきますので、是非お気軽にご相談ください。


弁護士 時田 剛志(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成23年 3月 國學院大學法学部卒業
平成26年 3月 明治大学法科大学院修了
平成27年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会 子どもの権利委員会 委員
埼玉弁護士会 労働問題対策委員会 委員
埼玉弁護士会 公害対策環境保全委員会 委員
埼玉弁護士会 厚生委員会 委員
NPO法人子どもセンター・ピッピ 正会員兼事務局
さいたま市児童養護施設カルテット 第三者委員
■著書
「所有者所在不明・相続人不存在の空家対策マニュアル~財産管理人制度の利用の手引き~」(共著)

■外部講演・メディア出演
【出演】平成29年11月~ REDS WAVE 87.3FM「身近な法律相談」
【講演】平成29年11月 宮代町立百間中学校「いじめ撲滅強化集会」
平成30年 2月 春日部共栄中学校「弁護士の仕事」など。

■資格
行政書士資格合格

■不動産分野に関して一言
不動産に関する相談は,売買,賃貸,開発,投資,登記など,実に様々です。
不動産取引に関する法令・規制は,不動産の所在,構造や用法などに応じて異なりますので,網羅的な法令調査と各種手続に関する知識が不可欠です。
当事務所は,一般の法律相談・顧問対応を通じて,広く不動産に関する事件の処理に当たっており,不動産に関する知識とノウハウを日々集積しております。
近年は環境への関心も高まっておりますので,皆さまに現在及び将来にわたってご安心いただけるよう,環境関連法にも配慮の上,適切なリーガルサービスをご提供いたします。

 

弁護士 池田 味佐(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成22年 3月 獨協大学法学部法律学科 卒業
平成25年 3月 獨協大学法科大学院 修了
平成29年12月 弁護士登録

■不動産分野に関して一言
不動産は人が居住する場所であったり、仕事をする場所であったりと、人の生活に密接に関係しております。また、不動産を所有している方にとっては、大切な財産でもあります。不動産トラブルがきっかけで隣人関係が悪化したり、不動産を購入できなくなってしまうなど不動産トラブルには問題がつきまとうものです。
トラブルが発生した場合はもちろんのこと、未然に防ぐためにもどのように対処すればよいかお悩みの場合は、ぜひご相談ください。

 

弁護士 赤木 誠治(埼玉弁護士会所属)

■経歴
平成27年 3月 早稲田大学法学部 卒業
平成29年 3月 慶應義塾大学法科大学院 修了
平成30年12月 弁護士登録

■不動産分野に関して一言
不動産は人々の生活と切っても切り離せないものです。そのような不動産に関する問題は、ときに今の生活にも悪影響を与えかねません。
当事務所はさまざまな立場の方から、不動産に関する多数のご相談・ご依頼をお受けしております。これまでに当事務所で蓄積された実績に基づき、問題の適切な解決策をスピーディーに提供することをお約束します。
また、不動産に関する法令や規則、手続きは複雑・難解なこともあります。依頼者の方には、わかりやすい説明を心掛け、少しでも不安を取り除くことができればと考えております。
一日でも早く問題を解決するために、お気軽にご相談ください。