紛争の内容
売買契約の買主から依頼を受けました。この件では、売主に債務不履行があったため、買主は契約を解除しておりました。違約金が1000万円近くも発生しておりましたが、売主には支払をする様子がありませんでした。そこで違約金回収の担保を確保するために、売買される予定であった売主所有の土地を仮差押することにしました。

交渉・調停・訴訟などの経過
買主である依頼者が、売主に対して行った売買契約解除の郵便までの資料を添えて仮差押の申し立てをしました。また仮差押の申し立てをするには裁判所に担保金を納める必要がありますが、土地に多数の抵当権がついており、価値が低いことを理由に、納める担保金の額を下げてもらいました。

本事例の結末
売主から特段の異議が出ることも無く、仮差押決定を得ることが出来ました。

本事例に学ぶこと
取引が上手くいかなかった場合の債権回収について、一つの方法として仮差押の実務を学びました。