借主が家賃を払わないため、アパート所有者から依頼を受け、アパートの部屋の明け渡しを求める訴訟を起こす場合

家賃 着手金 報酬金
80,000円 15万円 15万円
90,000円 17万円 17万円
100,000円 18万円 18万円
110,000円 20万円 20万円
120,000円 21万円 21万円
130,000円 23万円 23万円

*上記はすべて税別表記となっております。

※8万円以下の家賃の場合も、着手金、報酬金とも15万円(税別)になります。※以上のほかに、次の費用がかかります。
保全処分を行うとき  着手金は15万円(税別)増しとします。
明渡しの強制執行の申立をしたとき 報酬金は15万円(税別)増しとします。
未払い賃料を回収できたとき  回収額の16%を報酬金とします(税別)。
(注)予納金などの裁判所に納める費用が別途必要です。

上記は賃料の不払いを理由として、アパートの明渡しを求める場合ですが、明渡しの対象が倉庫・店舗の場合、あるいは建物を撤去して土地の明渡しを求める場合などもあり、すべての弁護士費用を示すことができません

ご相談後、ご希望がある場合は、弁護士費用のお見積書をお出しさせていただきます。当事務所にご依頼いただけるかどうかは、お見積書を検討してご判断ください。

賃料不払いについてのコンテンツ一覧

 賃料不払いについて
  保証人への請求
  法的手続き(支払督促・小額訴訟・強制執行)
  明渡し請求
  明渡しの話し合い
  明渡しの実力行使
  明渡しの法的手続き
  追い出し規制法案について
 賃料不払いについての相談一覧
 賃料不払いの解決事例一覧
 賃料不払いについての弁護士費用