家賃滞納建物明渡しに強い埼玉の弁護士
建物明渡しの相談一覧   建物明渡しの解決事例
 

建物明渡しについてお困りの方はグリーンリーフ法律事務所へご相談ください

P1240677修正済  当事務所では、家賃滞納・不払いで悩まれているオーナー様、不動産会社様からのご相談・ご依頼に対応するため、家賃滞納集中チームを設けております。
 家賃滞納・不払い案件の場合、一日一日、滞納賃料額が増加していきますので、迅速に対応することがもっとも大切です。
 また、賃借人でない人物が出入りしている場合や、他の人に物件を使用させようとする動きがある場合等は、仮処分の手続きをとる必要がありますが、この手続の要否の判断や明渡しの手続きの進行に当たっては、経験に基づく判断とスピードが求められます。
 過去5年間で500件以上の家賃滞納明渡しの案件を扱っております当事務所は、このような案件に迅速に対応するため、経験豊富な弁護士で構成される集中チームを設け、スピーディにご依頼から解決まで導けるような体制を敷いております。
 家賃滞納・不払いで悩まれているオーナー様、不動産会社様は、安心して当事務所にご相談・ご依頼下さい。

早く明渡し訴訟をした方がよい理由

1.賃料滞納を放置すれば、未回収額の増大を招くだけです。
法的な手続を取らないままそのままにしておくと、すぐに半年、1年と経ってしまい、滞納賃料の額は増加していきます。
また、賃料滞納を続ける賃借人から、未払い賃料を回収することは事実上困難です。
不動産賃貸業を営んでいる賃貸人としては、早期に、賃料滞納を続ける賃借人に退去してもらう必要があります。

2.勝訴することができます。
賃料滞納を理由とする建物明け渡し事案の場合、賃貸人はほぼ勝訴することができます。

3.判決・明け渡しまでの流れがスピーディーです。
ほとんどの場合、判決まで数ヶ月、その後、任意に明け渡しをしないため強制執行をする場合でも、6ヶ月以内に明け渡しまで完了する事案がほとんどです。

4.弁護士費用は定額制で明瞭です。
ほぼ勝訴できること、判決・明け渡しまでの流れがスピーディーであることから、当事務所の弁護士費用は定額制となっており、トータルの弁護士費用をすぐに把握することができます。

グリーンリーフ法律事務所が選ばれる7つの理由

1 最近5年間で、500件以上の建物明渡し訴訟を受任しています。この数は、埼玉県内でトップクラスです。
2 建物明渡しに関する経験が豊富で、対応が、適切かつスピーディーです。
(1)埼玉県内の不動産会社から多くのご相談・ご依頼を受けています。
(2)埼玉県内の土地オーナーで組織する団体の協力事務所として、土地オーナーの方から、多くのご相談・ご依頼を受けています。
(3)宅地建物取引業者の方を会員とするアネットクラブを主宰しています。
3 弁護士が直接対応します。
4 料金設定が明確です。見積書の作成は無料です。
5 埼玉県で25年以上の実績ある事務所です。
6 親切で丁寧な対応をモットーにしています。
7 ご相談者様の便宜を考え、土日、ナイター相談をしています。

不動産お問い合わせボタン

不動産トラブルの解決事例

建物と駐車場の明け渡しを請求したケース
交渉により強制執行をせずに明渡をした事例
社宅貸しの物件に、退職者が居座った事例
訴訟、強制執行の申立によってプレッシャーをかけ、任意の明け渡しを受けた事例
倉庫と駐車場の明け渡しを請求したケース
送達場所の調査をして明け渡してもらった事例
多数の犬が飼われている物件で明け渡しを実現したケース
誰が居住しているか分からない物件について、明け渡しを請求したケース
賃借人が荷物を残して夜逃げした事例
賃借人が外国人で明け渡しを実現したケース
賃借人が刑務所に入ってしまったケース
賃借人が行方不明になった物件で明け渡しを実現したケース
賃借人が裁判期日直前に和解の提案をしたが、弁済可能性はないとして判決を受けたケース
賃借人が訴状の受け取り拒否したケース
賃借人が第三者に対し、賃借物件を又貸ししてしまった事例
賃借人に対する明渡し判決により、賃借人の家族も退去させた事例
賃借人以外の人物が複数出入している物件で明け渡しを実現したケース
不特定多数者が出入りしていた建物の明渡しを受けたケース
敷地内に鉄骨などの大量の資材が置かれていたケース
和解によって、最小限の費用で明渡しを実現したケース

不動産お問い合わせボタン

最新情報

2017年12月13日
解決事例
建替えのための、建物明渡請求示談交渉したケース
紛争の内容 Mホームにてマンション建て替え(相続税対策も含む)、中途解約退去の交渉不調による事案 旧マンション取り壊し、新築の請負契約締結済み、平成29年6月1日着手予定。 交渉・調停・訴訟などの経過 1 平成29年3月・・・
2017年10月25日
解決事例
建替えのための、建物明渡請求示談交渉事件
紛争の内容 Mホームにてマンション建て替え(相続税対策も含む)、中途解約退去の交渉不調による事案 旧マンション取り壊し、新築の請負契約締結済み、平成29年6月1日着手予定。 交渉・調停・訴訟などの経過 1 平成29年3月・・・
2017年9月6日
最新情報
9月6日(水)営業時間について
9月6日水曜日のナイター相談はありません。 事務所行事のため、午後6時に事務所を閉所いたします。 9月7日午前9時より通常業務となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 グリーンリーフ法律事務所総務担当
2017年9月4日
解決事例
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、アパートの一室の明け渡しを請求したケース⑩
紛争の内容 アパートの一室を貸している大家さんからのご相談でした。 賃借人は、賃料支払いの遅れが常態化しており、私たちが関与した時点では、5ヵ月分まったく賃料の入金が無いという状態でした。 大家さんは、可能な限り早く出て・・・
2017年9月3日
解決事例
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑨
紛争の内容 アパートの一室と駐車場2区画を貸している大家さんからのご相談でした。 賃借人は、何年も賃料支払いの遅れが常態化しており、ここ5ヵ月はまったく賃料の入金が無い状態であるばかりでなく、不特定多数の人物がアパートに・・・
建物明渡し相談予約サイドボタン
 

このページの先頭へ