建物明渡しの解決事例の一部を掲載しています。

グリーンリーフは最近5年間で500件以上の建物明渡し訴訟を受任している埼玉県内でトップクラスの法律事務所です。
建物明渡しで弁護士にご相談がある方は「ご相談はこちら」をご覧ください。


建物と駐車場の明け渡しを請求したケース①
交渉により強制執行をせずに明渡をした事例
社宅貸しの物件に、退職者が居座った事例
訴訟、強制執行の申立によってプレッシャーをかけ、任意の明け渡しを受けた事例
倉庫と駐車場の明け渡しを請求したケース
送達場所の調査をして明け渡してもらった事例
多数の犬が飼われている物件で明け渡しを実現したケース
誰が居住しているか分からない物件について、明け渡しを請求したケース
賃借人が荷物を残して夜逃げした事例
賃借人が外国人で明け渡しを実現したケース
賃借人が刑務所に入ってしまったケース
賃借人が行方不明になった物件で明け渡しを実現したケース
賃借人が裁判期日直前に和解の提案をしたが、弁済可能性はないとして判決を受けたケース
賃借人が訴状の受け取り拒否したケース
賃借人が第三者に対し、賃借物件を又貸ししてしまった事例
賃借人に対する明渡し判決により、賃借人の家族も退去させた事例
賃借人以外の人物が複数出入している物件で明け渡しを実現したケース
不特定多数者が出入りしていた建物の明渡しを受けたケース
敷地内に鉄骨などの大量の資材が置かれていたケース
和解によって、最小限の費用で明渡しを実現したケース
土地上に無断で置かれた自動販売機の撤去を請求したケース
用法違反を理由に賃貸借契約を解除して土地明け渡しを実現したケース
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース②
建物占有者の所在が不明の場合に、所在を調査して建物明渡を実現したケース
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース③
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース④
弁護士からの内容証明郵便で未払賃料が回収できたケース
建替えのための、建物明渡請求示談交渉したケース
賃料未納による建物明渡等請求事件(訴訟・強制執行)
賃料不払いを理由に建物明渡し請求訴訟を提起し、その後強制執行を行って建物の明渡しを実現したケース
賃料滞納者に建物を明け渡してもらった事例①
賃料滞納者に建物を明け渡してもらった事例②
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と隣接土地(通路)の明け渡しを請求したケース⑤
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑥
大家さんからの依頼を受け、滞納賃料を理由とする貸家の明け渡しを請求し、明け渡しができたケース
賃料滞納者に建物を明け渡してもらった事例③
弁護士からの内容証明郵便による催促により、滞納賃料全額を回収したケース
賃料不払いを理由に建物明渡し請求訴訟を提起したところ、第1回期日前に未払賃料全額の支払いを受けることができたケース
賃借人が家賃を滞納しているケースで、訴訟及び強制執行の手続きを経て、部屋の明け渡しを実現したケース
賃料滞納者に建物を明け渡してもらった事例④
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑦
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑧
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑨
賃料を滞納された大家さんからの依頼を受け、建物と駐車場の明け渡しを請求したケース⑩
代替物件を提供することで早期に駐車場の明け渡しを受けた事例